サーディンヘッド / ニューストピックス

日本でも珍しいテーパーがこぞって訪れるジャム・バンド、SARDINE HEADによるニュー・シングルをOTOTOYより独占配信!!

2000年の結成から、卓越した演奏技術とサイケデリック・グルーヴで人々を魅了し、ライヴを毎回録音する〈テーパー〉が存在するほどの実力派ジャム・バンドであるSARDINE HEAD。これまで4枚のアルバムをリリースしてきた彼らが突如、新曲「no leaf」をリリース。本作をOTOTOYではハイレゾで配信開始! また、今作の魅力に触れてもらうべく期間限定でフル試聴を実施。彼らの放つ怒濤のグルーヴに魅了されたらぜひご購入を!!

そして、2015年10月30日には完全フリー・ライヴを青山月見ル君想フにて開催!!! 結成15周年を迎えた彼らにしか生み出せない、サイケデリックな音世界を堪能せよ。(記事転載元:OTOTOY)

期間限定フル試聴!!
「no leaf」のフル試聴を、2015年10月2日(金)18:00から実施!!

ご購入OTOTOY特設ページはこちら

INTERVIEW : SARDINE HEAD

グレイトフル・デッドのライヴ会場の音のいいところには高性能マイクを持ってライヴを録音するテーパーと呼ばれる人々がいる。つまり、録音も撮影もフリー。それで、テープ交換というネットワークが生まれ、テーパーのなかから、オフィシャルで録ることを許される者も出た。それで結局みんな、いいライヴのいい録音のものなら、お金出しても買うよ、ということになった。そんなテーパーを抱えるバンドが、日本にもいる。それが、このSARDINE HEADだ。日本唯一と言っても良いかもしれない。そして、グレイトフル・デッドのそれと同じく、SARDINE HEADのライヴも1日と同じ演奏はない。さぁ、このインタヴューを読んで、10月30日(金)@青山月見ル君想フに行ってみようじゃないか! なぜ、彼らにテーパーが集まるのか、見てみようじゃないか!!

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 鶯巣大介
写真 : ハムカツ

インタビュー詳細ページはこちら

TwitterでシェアFacebookでシェア

twitter

##